BLOG

福井県の注文住宅でコンセントの失敗を対策する方法を紹介

注文住宅で失敗が多い例といえば何かご存知ですか?
実はコンセントで失敗が多いです。
では、どのような失敗をしてしまうのでしょうか。
失敗が多いのであれば、しっかり対策をして家を完成させたいですよね。
そこで今回は、注文住宅でのコンセントの失敗とその対策について紹介します。

□失敗事例

コンセントの失敗のパターンには、位置と数の2つが挙げられます。

*位置

位置の失敗例としては、家具に隠れてしまう事例があります。
数を多く準備していたとしても、そのほとんどが隠れてしまっていては意味がありません。
また、家具の裏でコンセントを繋ぐと、発火の恐れもあります。

*数

十分な数を準備できなかったがために失敗してしまう事例もあります。
現代は予想以上にコンセントの数が必要です。
そのため、数が足りないと家中タコ足配線だらけになってしまいます。
タコ足配線は発熱や発火の恐れがあり、非常に危険です。

□対策

コンセントで失敗しないためにも、位置と数の観点から対策していくことが大切です。

*位置

位置の失敗例には、コンセントが隠れてしまう事例がありました。
その対策として、家具の配置を決めておくことが挙げられます。
しかし、ただ想像するだけでは失敗の対策は難しいです。
図面と実際の家具の大きさを照らし合わせて配置を決めることで、多くの失敗は防げます。
また、家具だけでなく家電の場所も重要です。
家電の場合は、邪魔にならないところよりかは、家電のコンセントが届くかどうかが重要なポイントです。

*数

数の失敗対策としては、使うコンセントの数を考えることが一番です。
たとえば、台所には多くの家電が使われています。
使う予定の家電数よりも少し余裕を持ってコンセントを準備しましょう。
そのほかにも、自由に使えるコンセントを各部屋に準備する必要があります。
このコンセントは、スマホの充電や季節家電に使います。
こちらも、余裕を持って準備しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅でのコンセントの失敗とその対策について紹介しました。
しっかり対策をして家を完成させましょう。
また、株式会社フレアは、福井県を中心に住宅建設やリフォームの事業、賃貸不動産事業を行なっております。
そのほかにも、不動産コンサルティングやコインランドリーの事業、再生可能エネルギー事業も行なっております。
住まい、不動産、再生可能エネルギーのことで何かお困りごとがあれば、ぜひ株式会社フレアにご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る