BLOG

福井県で注文住宅を建てる時の注意点|照明の失敗対策

注文住宅で失敗が多い例といえば何かご存知ですか?
実は照明で失敗が多いです。
どのような失敗をしてしまうのでしょうか。
失敗が多いのであれば、しっかり対策をして家を完成させたいですよね。
そこで今回は、注文住宅での照明の失敗とその対策について紹介します。

□失敗原因

照明の失敗は大きく分けて、暗すぎるパターンと明るすぎるパターンがあります。

*暗い

電気の灯りが弱いことが、暗くなる原因であることは稀です。
照明の配置によって逆光になってしまうことが、暗くなる原因の一つです。
例えば玄関での立ち話の場合、人の後ろに光源があると逆光になり顔が暗く見えてしまいます。
そのほかにも、ダイニングテーブルの照明も逆光になってしまう場合があります。

*明るすぎる

明るすぎるのも問題です。
例えば庭付きの住宅では、庭を眺めたいタイミングがあるかと思います。
しかし、夜に照明が明るすぎると、窓に照明が映り込む場合があります。
照明が映り込むと庭が見にくくなってしまいます。

□対策

照明で失敗しないためにも、暗すぎるパターンも明るすぎるパターンも対策する必要があります。

*暗さ対策

逆光が暗すぎる原因の一つでした。
逆光では、照明の位置を考えることが対策につながります。
具体的に紹介します。
玄関の場合、立ち話のシチュエーションを思い浮かべましょう。
おそらく、玄関部分とホール部分に分かれて立っていると思います。
そのため、逆光を防ぐにはそのちょうど真ん中に配置することが効果的です。
ダイニングテーブルでも、ど真ん中に配置することで対策できます。
しかし、少しでもずれてしまうとどこかが逆光になってしまいます。
そのため、照明をつける前から、ダイニングテーブルの場所をしっかり確定させておきましょう。
それに合わせて照明を配置することで、逆光を対策できます。

*明るすぎ対策

明るすぎる場合は、調光機能のついている照明を利用することで対策が可能です。
庭が見える大きな窓がついている部屋や、寝室には調光機能のついている照明を利用しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅での照明の失敗とその対策について紹介しました。
暗すぎるのも明るすぎるのも問題です。
しっかり照明に関する対策をしましょう。
また、株式会社フレアは、福井県を中心に住宅建設やリフォームの事業、賃貸不動産事業を行なっております。
そのほかにも、不動産コンサルティングやコインランドリーの事業、再生可能エネルギー事業も行なっております。
住まい、不動産、再生可能エネルギーのことで何かお困りごとがあれば、ぜひ株式会社フレアにご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る