BLOG

福井で注文住宅を建てる|外構の失敗事例とその対策

注文住宅をお考えの際、外構についての検討はしっかりされているでしょうか。
実は外構で失敗が多いです。
どのような失敗をしてしまうのでしょうか。
失敗が多いのであれば、しっかり対策をして家を完成させたいですよね。
そこで今回は、注文住宅での外構の失敗とその対策について紹介します。

□塀・門扉

塀や門扉は必ず取り付けましょう。
費用が高くつくため、塀や門扉をつけない人が増えています。
しかし、防犯上の観点から、必ずつけるべきです。
塀や門扉がないと、不法侵入が簡単にできてしまいます。
また、近所の子供が間違えて入ってきてしまうかもしれません。
「近所の子供ならいいか」と警戒が薄くなることで不法侵入をされる可能性があります。
必ず取り付けるようにしましょう。

□駐車スペース

駐車スペースの失敗も目立ちます。
駐車スペースの失敗といっても、車が入らないことは少ないです。
しかし、家の前にある道路の広さや家の角度によっては駐車がしにくいことがあります。
また、カーポートと玄関の距離が遠いことで、雨の日に困ることもあります。
駐車スペースは一般的な基準がありますが、建てる家によって一度見直す必要があります。
そのほかにも、駐輪スペースにも注意が必要です。
子供が増えたり、成長したりすると自転車が増えます。
それを考慮に入れていないと、あとあと窮屈になってしまうことがあります。
駐輪できるスペースは余裕を持って作りましょう。

□立水栓・コンセント

立水栓やコンセントは、野外にもあるととても便利です。
しかし、これらを適当なところにつけると、かえって面倒になってしまいます。
庭や駐車スペースの広さを考え、使い勝手の良い場所に設置するようにしましょう。
この際、実際に庭で水や電気を使用するシーンを思い浮かべると考えやすくなります。
新居に想いを馳せながら設置位置を考えていきましょう。

□まとめ

今回は、外構の失敗事例とその対策について紹介しました。
外構が失敗しやすい理由には、外構についてしっかり考えられていないことが挙げられます。
外構は家の見た目も左右します、しっかり練って納得のいく家を建てましょう。
また、株式会社フレアは、福井県を中心に住宅建設やリフォームの事業、賃貸不動産事業を行なっております。
そのほかにも、不動産コンサルティングやコインランドリーの事業、再生可能エネルギー事業も行なっております。
住まい、不動産、再生可能エネルギーのことで何かお困りごとがあれば、ぜひ株式会社フレアにご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る