BLOG

福井で注文住宅を建てよう|注文住宅の窓で後悔しない方法

注文住宅で失敗が多い例といえば何かご存知ですか?
実は窓で失敗が多いです。
では、どのような失敗をしてしまうのでしょうか。
失敗が多いのであれば、しっかり対策をして家を完成させたいですよね。
そこで今回は、注文住宅での窓の失敗について紹介します。

□失敗の種類

窓の失敗事例は、大きく分けて位置と数と機能の3種類があります。
窓は適切な数でないと、邪魔になり後悔してしまいます。
また、適切な場所に設置しないと、機能を発揮できずに後悔してしまいます。
そして、機能に関してはイメージがつかないまま設置することで後悔してしまいます。
どの失敗も避けたいものです。

□窓の数

窓は多すぎると不便になってしまうことがあります。
開放感を重視して窓だらけの家にすると、家具の置き場に困ってしまいます。
そのほかにも、断熱性や耐震性が落ちてしまいます。
開放感がありすぎることも、防犯の面で危険です。
欲張って窓をつけすぎないように注意しましょう。

□窓の位置

窓はその位置によっては日が入りすぎて眩しくなることがあります。
西や東にある窓は時間帯によって日当たりが良くなります。
どの時間帯にどの部屋にいることが多いかを考えて窓の位置を決めましょう。
また、隣の家のことも考える必要があります。
例えば隣の家にある窓の目の前に窓を作ることで、プライバシーが守られなくなるという問題があります。
そのほかにも、隣の家にある給湯器の目の前に窓をつけてしまうと、迂闊に窓を開けられなくなります。
隣の家のことまで考えて設計するようにしましょう。

□窓の機能

窓の種類によっては、機能が足りないということがあります。
例えば、高窓を採用したけれども、高すぎて手動で開閉することが困難になる場合などです。
そのほかにも、シャッターをつけたけれど、手動での開閉が面倒になる場合などです。
これらは、窓に自動機能をつけることで解決できます。

□まとめ

今回は、注文住宅の窓の失敗について紹介しました。
窓の失敗の理由は、数と位置と機能3種類ありました。
失敗例を知り、後悔しない窓選びをしましょう。
また、株式会社フレアは、福井県を中心に住宅建設やリフォームの事業、賃貸不動産事業を行なっております。
そのほかにも、不動産コンサルティングやコインランドリーの事業、再生可能エネルギー事業なども行なっております。
住まい、不動産、再生可能エネルギーのことで何かお困りごとがあれば、是非株式会社フレアにご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る