BLOG

福井の注文住宅のキッチンの選び方|対面キッチンの種類を紹介

注文住宅をお考えの方で、キッチンにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
キッチンには色々種類があって、選ぶのが難しいです。
キッチンは毎日使う場所ですから、納得のいくものを選びたいですよね。
どんな種類があるかを把握することで、納得のいくキッチン選びに一歩近づけます。
そこで今回は、キッチンの種類について紹介します。

□キッチンの種類

キッチンの種類で人気なのは、対面キッチンです。
対面キッチンは、リビングを見渡せる設計になっています。
そのため、子供のいる家庭で安心して料理ができるというメリットがあります。
その対面キッチンも、形状によっていくつかに分類されます。

□対面キッチンのメリット・デメリット

色々な種類がある対面キッチンの、それぞれの特徴とメリットとデメリットを紹介します。

*アイランドキッチン・ペニシュラキッチン

壁から離れて独立しているキッチンのことをアイランドキッチンと言い、アイランドキッチンの一片が壁にくっついているものをペニシュラキッチンと言います。
それぞれ部屋の中で独立しているため、開放感があるというメリットがあります。
また、物珍しくおしゃれな見た目になるのもメリットの一つです。
しかし、開放感がありすぎるというデメリットがあります。
生活スペースとの境目がないので、キッチンにまで生活感が侵食してくる可能性があります。
また、境目がないことで生活スペースにまで汚れや臭いが拡散しやすいというデメリットもあります。

*I型・L型キッチン

ペニシュラキッチンにカウンターがついたもののことを言います。
特徴は、カウンターがついていることで生活スペースとの間に境界線ができるという点です。
L型はI型に比べて作業スペースが多く用意できますが、その分必要なスペースが多く必要なため、リビングが狭くなる可能性があります。

*セパレート型キッチン

I型を二本並べたような形状をしています。
少ない面積で多くの作業スペースを確保できるというメリットがあります。
その一方で、作業スペースが分かれていることで、食材や鍋の移動が大変になるというデメリットがあります。

□まとめ

今回は、キッチンの種類について紹介しました。
それぞれのキッチンにメリットとデメリットがありました。
どちらもしっかり把握して、後悔のないキッチン選びをしましょう。
また、株式会社フレアは、福井県を中心に住宅建設やリフォームの事業、賃貸不動産事業を行なっております。
そのほかにも、不動産コンサルティングやコインランドリーの事業、再生可能エネルギー事業も行なっております。
住まい、不動産、再生可能エネルギーのことで何かお困りごとがあれば、ぜひ株式会社フレアにご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る